皮膚科と美容外科の治療の違いを紹介【煩わしいイボ綺麗に取り去る】

人気の炭酸レーザー治療

婦人

炭酸レーザーによるいぼの切除は、施術回数が少なく簡単でしかも微妙な調整にも対応できます。施術の受け方は、炭酸レーザーをおいているクリニックを予約してカウンセリングを受けます。施術後は翌日から傷口が洗えるので、優しくケアしましょう。

Read More

できものを取るために

女性

いぼ切除には皮膚科もしくは美容クリニックを受診します。治療方法にはいくつか種類があるため、どんな治療が受けられるかで病院を選びましょう。保険適用の治療だと千円?1万5千円前後、適用外のレーザーの場合は1万円?3万円がかかる費用の相場です。

Read More

老人性とウイルス性

ウーマン

体に出来たいぼを取り除きたい方におすすめするのが美容整形でのいぼの切除です。切除の方法には炭酸ガスレーザーや電気メスなど色々な方法があり、老人性なのかウイルス性なのか、また大きさによって合う施術が異なるのでクリニックで相談しましょう。

Read More

皮膚科と美容外科の違い

ナース

利用する際の目的

いぼの切除といえば美容整形外科に行ってきれいに治してもらう人が多いですが、それよりもまずは皮膚科を受診することをお勧めします。皮膚科に行っても結局美容整形外科を紹介されることがあるので、それなら最初から美容外科に行ったほうがいいと考える人は多いです。しかし皮膚科と美容外科にはそれぞれ違いがあり、利用する目的によって受ける病院が変わってくることをしっかり知っておきましょう。基本的には皮膚科に行けばその日のうちにいぼを取り除いてもらえることもあるので、まずはかかりつけの皮膚科クリニックに行くべきです。足の裏にできる魚の目などもいぼの一種ですが、これも皮膚科であればその日のうちに液体窒素で固めて取ってもらうことも十分に可能となっています。内側に深く食い込んでいる場合は薬で細胞を壊しながら進めていきますが、皮膚科の施術でも十分きれいに切除することはできるのです。では美容外科を利用するという場合はどんなときかといえば、つまり顔にできたいぼを確実にきれいに治したい場合に利用することになります。皮膚科の施術は見栄えの良さよりも手っ取り早く切除することを重視した医療となっているので、傷跡を目立たなくする場合には美容外科のほうがいいのです。その場合にば皮膚科の医師からいいところを紹介してもらうことができるので、素人考えでネットの評判をチェックしたりせずその病院に行きましょう。皮膚科に紹介されるという時点でかなりの信頼があるので、冒険はせず確実な治療を行いたいのであればその美容外科が地域で最もいいところなのです。そういった目的別に利用する病院の違いを理解すれば、トラブルになることなくきれいに切除してもらうことができるでしょう。いぼの切除をする際には医療用のはさみで出っ張ったいぼを切ってしまうというのが一番簡単で、確実な施術となっています。この場合は皮膚科でもなんとかなりますが、内側に食い込んでいるものが顔にできている場合には難しい施術が必要です。炭酸ガスレーザーで焼いていくという方法もありますが、これは保険が適用されないことを考えると最終手段にしておきましょう。そのいぼが特に痛むことがない、そしてウイルス性というわけでもないのであれば鍼灸を用いた気の長い治療方法も存在しています。これはレーザーで焼くのと原理は一緒で、そのいぼの細胞を壊して除去しやすくするというやり方になっているのです。そのまま放置しても大丈夫なのであればこういった手段をとると、どこにあったのかわからなくなるほどの仕上がりになります。その種類にもよりますが緊急を要するものでなければ長期的な治療をするのが良いこともあるので、あまり焦りすぎることのないように気を付けましょう。切除の手段は多種多様であり、単純に切ったり穿り出したりする外科手術ばかりではないことをしっかり認識して治療していくべきです。焦って高額な手術を受けてもいい結果が出るとは限らないので、医師としかり相談しながら納得できる治療を実行していきましょう。ウイルス性のものが顔にできた場合はかなり面倒ですが、そうした緊急のものでなければ焦る必要のない疾患といえます。いぼの特徴に合わせた治療を実施し、傷跡の残さないように切除を行えばその後の生活が快適になるので早めに治療に取り掛かりましょう。

Back to Top