皮膚科と美容外科の治療の違いを紹介【煩わしいイボ綺麗に取り去る】

人気の炭酸レーザー治療

婦人

体に負担がかからない施術

できるだけ負担の少ない方法でいぼの切除をおこないたい方にいま支持されているのが、炭酸ガスレーザーによるいぼ切除の治療です。なぜそんなに人気があるかといえば、なんといってもこれなら他の方法より治療回数が極端に少なくてすむからでしょう。たとえば通常のできものなら、たった一回の照射で治療を終わらせてしまうことも不可能ではありません。なるべく少ない回数で治療を終わらせたい患者にとって、この治療期間の短さは感動すら覚えます。また炭酸レーザーは治療回数が少なくてすむところだけではなく、微調整が可能な点でも高評価されている治療法です。これなら深く削るのも浅く削るのも、使い方次第で自由自在に変えられます。できものの大きさは人それぞれで決まった形はないので、その形に合わせて変えなくてはいけません。でもこれならその微調整が容易にできるとあって、できるだけきれいに治療したい方のニーズにもマッチします。あと気になるのは傷みについてですが、こればかりは他のレーザーの治療と同じで当然避けられないと考えてください。ただ麻酔で痛みを軽減させられるので、施術中に苦痛を感じることはなくてすみます。傷みに敏感で極力痛みを感じずに治療したい方にとって、ここも見逃せないポイントとなっているようです。この使いやすさが口コミで広まり、炭酸レーザーの利用者は年々増えています。なるべく簡単できれいにいぼの切除をしたいという方は、炭酸レーザーでの治療を受けてみましょう。それできっと考えていたより簡単に、できものの悩みが解消できるはずです。人気のほどはわかりましたが、ではどこで炭酸レーザーの施術を受けたらいいのでしょうか。それにはまず、クリニックにその機械があるかどうかを確かめるところからはじめなくてはいけません。残念ながら、クリニックによって炭酸レーザーの機械がないところもあるからです。機械そのものがなければいくら受けたくても受けられないので、まず真っ先にそれをクリニックに確認しましょう。そして炭酸レーザーがるクリニックがみつかったら、わからないところや疑問に感じている部分をあらかじめ問い合わせしておきます。そして納得が出来たら、改めて予約を入れてカウンセリングを受けてみます。カウンセリングは問い合わせで聞けなかったことや、担当の医師の人柄を確かめる絶好のチャンスです。できるだけ詳しくチェックして、準備万端で施術に挑むようにしましょう。なお施術当日は、いぼを切除をした部分が洗えません。そのため必要な方は、その部分を綺麗に洗ってからクリニックに行くようにしてください。きれいにキズ跡を治すためにも、ここはしっかり注意事項を守りましょう。その翌日からは通常通り洗ってかまいませんが、まだキズ口が治りきっていないことを考慮してやさしく丁寧に扱うことが大切です。キズ口はできるだけ乾かさない方がいいので、軟膏を塗った後でテープを貼ってガードしておくようにします。もしメイクをしたい場合は、テープを張った部分を避けるかその上からファンデーションを塗るなど工夫しましょう。これを一週間程度繰り返すとキズ口も癒えるので、炭酸レーザーによるいぼの切除はそれで完了となります。

Back to Top