皮膚科と美容外科の治療の違いを紹介【煩わしいイボ綺麗に取り去る】

老人性とウイルス性

ウーマン

きれいな肌をつくる為に

顔や首などにいぼが出来てしまう場合がありますが、やはり大きなものや数が多いと気になってしまいます。このいぼには種類があり、ウイルス性と老人性のものがあります。ウイルス性のいぼは傷口にウイルスが新入することにより出来てしまうものであり、ウイルスに感染してしまった細胞が皮膚を上に上に押し上げてくることによりぼこっと皮膚が盛り上がってしまう症状です。老人性のいぼは紫外線を浴びることで出来てしまいます。紫外線を浴びるとメラニンが生成されますが、加齢に伴い新陳代謝機能が低下してしまうと、メラニンの排泄が滞ってしまい老人性のいぼが出来てしまうでしょう。この様にいくつか種類がありますが、きれいな肌をつくる為には美容整形により切除することをおすすめします。切除すると聞くと少し不安を感じる人もいるかもしれません。クリニックでは大きさや出来ている範囲によって様々な方法で切除をすることが出来るので、自分に合った方法を見つけることが出来るでしょう。どの様な施術の方法があるのかというと、主な方法として電気メスを使用した方法や炭酸ガスレーザーを使用した方法、メスによる切開法などがあります。電気メスを使用した方法では、患部を電気メスで焼き切る方法になります。治療の跡も目立たず、一回の施術で多数の施術を行うことが出来るでしょう。炭酸ガスレーザーを使用した方法では、レーザーを患部に照射することで細胞自体を蒸散させる方法です。細胞自体を破壊するのでウイルス性のものにも有効です。メスを使用して切開する方法では、患部の周りからメスで切り取っていく方法であり、大きなものでもしっかり切除することが出来ます。一度の施術でしっかり取り除くことが出来るでしょう。老人性のいぼなど肌が露出している首などに出来やすく、やはり人に見られる部分ですから切除したいという人が多くいます。切除に掛る費用ですが、切除の方法にもよりますが、5mm程度であれば一つ5000円程度、10mm程度で10000円程度が相場になっているでしょう。美容外科ではより肌をきれいな状態にする為、様々な方法を用いて施術を行ってくれます。施術を受けることで、コンプレックスを解消することが出来、人に見られても安心の肌をつくることが出来るでしょう。切除する際は、麻酔をして行うので施術中は痛みもなく安心して施術を受けることが出来ます。また、いぼの大きさや出来ている範囲によって一度で取り除くことが出来ない場合は複数回に分けて施術が行われるでしょう。現在レーザー治療を取り入れているところが大変多く、肌への負担が少なく施術を行うことが出来ます。切除後は麻酔が切れると痛みが出てしまう場合がありますが、痛み止めなど処方してもらうことも出来るでしょう。また、施術後は患部がとても敏感な状態になっています。その為、紫外線など浴びてしまうと患部が色素沈着を起こしてしまったり、炎症してしまったりする場合もあるので注意しましょう。いぼには種類があると最初に挙げましたが、ウイルス性か老人性かによっても合う施術というのが異なるので、まずクリニックで相談することをおすすめします。紹介した以外でも様々な施術の方法があります。その為、クリニック選びは慎重に行いましょう。安心して施術を受ける為には、評判が良く、腕の良いドクターがいるところを選ぶことが大切です。ぜひ評判も参考にしながらより良いクリニックを見つけましょう。

Back to Top